• ホーム
  • 個人輸入代行でピルを購入するメリットとデメリット

個人輸入代行でピルを購入するメリットとデメリット

ピルは処方薬に分類されているため、通常は産婦人科で診察を受ける必要があります。
しかし、個人輸入代行を利用して購入することも可能です。
これにはメリットとデメリットがあるので理解してから利用する必要があります。

まず、個人輸入代行を使う場合、海外からの購入であっても日本語で注文を行えるので簡単であり、通販と同じように使えます。
産婦人科で処方してもらわなくても良いので手間もかかりません。

個人輸入代行ではピルの価格が安くなることも多いです。
産婦人科に行くための交通費や診察料が不要になり、ピル自体も安いです。
目的によって異なりますが、一般的に避妊目的で利用する場合にはピルは健康保険の適用対象外になります。
そのため、個人輸入代行を使ったことで高くなりません。

誰にも知られずに購入できることもメリットです。
対応していない個人輸入代行業者もありますが、郵便局留めにすれば自宅には届かず、自分で郵便局まで取りに行くので家族に知られずに済みます。

デメリットには偽造品が送られてくる可能性があることが挙げられます。
価格が安く、手間がかからず簡単であるからと安易に利用するのは危険です。
偽造品は成分に何が含まれているのか分からないため、ピルで起きることのない副作用が出る場合もあります。
騙されないように評判を確認して信頼できる個人輸入代行業者を選ぶことが重要です。

個人輸入の範囲で注文しないと税関で止められることもあるのもデメリットです。
まとめ買いで安くできますが、量には注意しましょう。
送付先の住所を会社名などにした場合も転売すると疑われるので、自宅に送られたくない場合は郵便局留めにします。
海外から発送されるので、到着するまでに時間がかかることも考慮が必要です。

ピルをどのように使えば良いのか指導を受けられないことにも注意しましょう。
個人輸入代行業者の注意書きには、医師の処方を受けてから利用するように記載されています。
確認されることはありませんが、初めてピルを利用するときは診察を受けておいた方が安全です。

ピルを個人輸入代行で購入する方法とは?

ピルを個人輸入代行で購入する方法は、ネット通販と同じ形式になるのでインターネットで検索すれば扱っている業者を見つけることができます。
ただし、見つかったところをそのまま利用するのは危険です。
悪質な業者も存在しており、偽造品を購入する恐れもあるため、口コミで評判を確認し、信頼できるところを選びましょう。

個人輸入代行で購入する方法を紹介し、そこからすぐに注文できるようにリンクを貼っているサイトもあります。
これもどこから購入することになるのか確認が必要です。
口コミなどで利用するべきではないと多くのサイトから名指しされている個人輸入代行業者がサイトの運営をしている場合もあります。
解説しているのだから安全だろうと判断してしまうと騙される恐れがあります。

信頼できるか判断するためには口コミの評判だけでなく、その個人輸入代行業者の運営実績や薬の成分鑑定を行っているか、クレジットカード払いに対応しているかなども調べておくと良いです。

また、単に本物の薬を送ってくれれば良いというものではありません。
運営元は信頼性があっても、国内向けのウェブサイトのセキュリティが脆弱であれば情報流出の危険性があります。
広告表示が国内法を守っていないところも信頼できるとは言えないでしょう。

安全な個人輸入代行業者を見つけた後は、自分の望む購入方法があるか確認します。
特に自宅に送付されるのが困る場合には、住所を勤務先にすると税関で止められる恐れがあるので郵便局留めがあると安心です。
信頼性や使い勝手を全て確認できた後は、その中から最も価格が安いところを選ぶと良いです。
最初から価格の安さだけで選ぶのは騙される危険性が高いのでやめましょう。

注文はサイトの記載に従って入力をしていくだけであり、全て日本語で対応できるので、外国語の知識がなくても簡単なので心配ありません。

関連記事
超低用量ピルが最新と言われる理由 2020年04月03日

ピルは生理周期のコントロールからひどい生理痛の緩和、避妊といった様々な目的のために使用されます。少し前までは低用量、中用量、高用量の3種類のピルが用いられていました。生理痛や避妊など多くの女性の悩みを解決するために処方され、いずれかのピルを使用したことがある人は多いです。現在では新たなピルとして超低...

なぜ、低用量ピルが主流になったのでしょうか 2020年02月28日

経口避妊薬であるピルには女性ホルモンが含まれていて、身体の指示系統をコントロールすることで妊娠を防ぎます。それには複数のアプローチがなされ、正しく飲めば妊娠してしまう確率を大きく下げることができます。失敗率は同じ避妊に使用されるコンドームと比較しても、格段に差があります。ピルを飲むとまず排卵そのもの...

高用量ピル、ソフィアCの正しい飲み方 2019年12月26日

そもそも高用量ピルとは、避妊目的のために最初に開発されたもので、含有ホルモン量が多かったことから副作用が出やすく、さらに医師による診察と、服用に伴って現れる体の変化に対する綿密な経過観察が必要なため、避妊目的で飲むにはハードルが高いというのが実情でした。しかしながら、最初はソフィアCを代表とする高用...

最新世代の超低用量ピル、ヤーズとは? 2020年01月29日

低用量ピルが日本で導入されて、日常的にピルを使う人の数が増えてきています。最近ではさらに含まれている女性ホルモンの量が少ない超低用量ピルという種類のピルも販売が開始されています。その超低用量ピルの種類の中にはヤーズというピルも含まれます。ヤーズは今までの低用量ピルよりもさらにホルモン量を減らし、低用...

低用量ピル、トリキュラーは2種類あります 2020年01月12日

日本国内のクリニックで処方されている低用量ピルとして、「トリキュラー」は人気です。トリキュラーは副作用が起こり難い低用量ピルということから、多くのクリニックで処方されるようになりました。有効成分のエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルは、女性ホルモン作用があるホルモン製剤です。エチニルエストラ...