• ホーム
  • 低用量ピル、トリキュラーは2種類あります

低用量ピル、トリキュラーは2種類あります

日本国内のクリニックで処方されている低用量ピルとして、「トリキュラー」は人気です。
トリキュラーは副作用が起こり難い低用量ピルということから、多くのクリニックで処方されるようになりました。
有効成分のエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルは、女性ホルモン作用があるホルモン製剤です。

エチニルエストラジオールは卵胞ホルモン、レボノルゲストレルは黄体ホルモンという女性ホルモンと、同じ働きをするのが特徴となっています。
有効成分は同じですがトリキュラーには2つの種類があるので、活用したいという場合は違いを確認しておくと良いでしょう。

トリキュラーの場合、28錠タイプと21錠タイプの2種類が存在しています。
この低用量ピルは含まれているホルモン剤の含有量によって、錠剤が色分けされているのが特徴的です。
最初は赤色の錠剤、次に白の錠剤、最後に黄色の錠剤と服用するタイミングによって変わります。

なぜ、錠剤が色分けされていて服用するタイミングが決められているのかというと、自然な女性ホルモンのバランスと同じように、徐々に体内のエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルを変えるからです。
一気にエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルを補うと、急激に女性ホルモンのバランスが変わってしまうため、副作用も起こりやすくなります。

一方、トリキュラーのように段階的にエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルを摂取することで、急激なホルモンバランスが起こり難くなり結果、副作用も起こり難いという仕組みです。
21錠タイプは毎日、21日間トリキュラーを服用して残りの7日間は休薬といって、薬の服用をストップする必要があります。

28錠タイプの場合、21日分は本薬といって有効成分が含まれています。
残りの7日分は偽薬となっており、有効成分は含まれていません。
28日間、毎日トリキュラーを飲み続けることになるので、28錠対応は飲み忘れ防止に効果的です。

低用量ピル、トリキュラーの効果や正しい飲み方

副作用が起こり難いとして国内で人気のトリキュラーですが、どのような効果が期待できるのか、そして正しい使用方法といった情報を事前に集めておけば、より安心して活用することができるでしょう。
トリキュラーの効果として、まず挙げられるのは避妊です。

服用することで卵巣の機能をストップさせ、排卵を止めてしまう効果を発揮します。
排卵しなければ妊娠することは無いため、使用方法を守ればほぼ100%の確率で避妊することが可能です。
また、避妊だけでなく生理痛の緩和や生理不順の改善、PMSの緩和といった女性特有の症状を治療するためにも用いられています。

有効成分のエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルによって、体内の女性ホルモン量が一定に保たれるため、このような効果を発揮すると言われています。
さらに最近は生理の周期をコントロールするためや、大人ニキビの治療としてもトリキュラーは処方されるようです。

このように、女性が感じやすい身体の問題を解決できるのがトリキュラーです。
今までピルを服用したことが無いという人も、上手く活用すればより生活の質を高めることができるでしょう。
ただし、トリキュラーは正しい方法で服用しないと、思ったような効果を得られません。

トリキュラーをはじめとするピルは、毎日服用する必要があります。
飲んだり飲まなかったりすると、体内の女性ホルモンバランスが変化して、卵巣が動き出してしまいます。
特に避妊目的でトリキュラーを活用したいという場合、飲み忘れてしまうと避妊の効果は落ちてしまうので注意が必要です。

毎日、飲み続けるということに加えて、できるだけ同じ時間帯に摂取するということも重要です。
朝起きたときなど、自分が摂取しやすいタイミングを決めて服用するようにしましょう。

関連記事
高用量ピル、ソフィアCの正しい飲み方 2019年12月26日

そもそも高用量ピルとは、避妊目的のために最初に開発されたもので、含有ホルモン量が多かったことから副作用が出やすく、さらに医師による診察と、服用に伴って現れる体の変化に対する綿密な経過観察が必要なため、避妊目的で飲むにはハードルが高いというのが実情でした。しかしながら、最初はソフィアCを代表とする高用...

卵胞ホルモン含有量の多い高用量ピルとは 2019年12月10日

卵胞ホルモンはエストロゲンとも呼び女性ホルモンのひとつです。卵胞とあるように主に卵巣から分泌されるもので、思春期から分泌が開始され妊娠適齢期の20代から30代にはもっとも安定して分泌されます。40代以降も閉経まで分泌されるものですが、その働きとしては子宮に作用し子宮内膜を増殖させて厚くすること、思春...

中用量ピルの中でも信用性の高いアイピルとは 2019年11月24日

アフターピルにはさまざまな種類がありますが、アイピルは信用性の高い中用量ピルの一つです。アイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品であり、低用量ピルとは使用方法が異なっています。緊急避妊薬なので性行為の後に1回飲むだけで望まない妊娠を避けられることが特徴です。きちんと避妊しなかった場合はもちろん、失敗...

アフターピルとしても処方される中用量ピルの特徴 2019年11月11日

生理不順や避妊のためにピルを服用している人や服用を検討している女性は多いです。ピルには低用量、中用量と高用量の三種類があり、それぞれの特徴が異なっています。中用量ピルは避妊目的と生理痛の緩和のどちらにも用いられている薬です。女性ホルモンであるエストロゲンが約50マイクログラム含まれており、低用量ピル...