• ホーム
  • 中用量ピルの中でも信用性の高いアイピルとは

中用量ピルの中でも信用性の高いアイピルとは

リラックスしている女性

アフターピルにはさまざまな種類がありますが、アイピルは信用性の高い中用量ピルの一つです。
アイピルはノルレボ錠のジェネリック医薬品であり、低用量ピルとは使用方法が異なっています。
緊急避妊薬なので性行為の後に1回飲むだけで望まない妊娠を避けられることが特徴です。

きちんと避妊しなかった場合はもちろん、失敗していないけれど心配な場合にもアイピルを飲んでおけば安心です。
ジェネリック医薬品であるアイピルには、先発薬であるノルレボと同じレボノルゲストレルという成分が配合されています。
日本では2011年に認可された新しい緊急避妊薬ですが、日本だけでなく世界でも安全性が認められている薬です。

有効成分のレボノルゲストレルは黄体ホルモンであり、排卵を抑制するという効果があります。
また、受精した場合でも子宮内膜の増殖を抑えることにより、受精卵を着床しにくい状態にするという効果が期待できます。

使用方法は性行為後に1回服用するだけなので簡単です。
しかし、きちんと避妊効果を得たいという場合、避妊の失敗から72時間以内に服用しなくてはなりません。
24時間以内に服用すれば、9割以上の確率で避妊することができます。
服用が早ければ早いほど効果も高いと言われているため、できるだけ早めに服用するように心がけましょう。
ちなみに、72時間を過ぎても120時間以内に服用すればそれなりの効果は得られると言われています。

アイピルは服用すると2~3時間で体内に吸収され、数日~3週間程度で出血が起こります。
これは人工的に起こした生理であり、服用すればどんな人でも起こるということです。
出血があれば避妊が成功したと言えます。

中用量ピルであるアイピルには強力な黄体ホルモンのみが含まれているため、従来の緊急避妊法より副作用が少ないとされています。
また1回のみの服用になるため、体への負担も少ないということです。
アイピルの副作用といては、吐き気や頭痛、腹痛、倦怠感、不正出血などの症状があります。
副作用が起こってしまう原因は一度に大量の女性ホルモンを摂取したためと言われていますが、1~2日で治まることがほとんどです。

中用量ピル、アイピルの入手方法

アイピルは病院でも処方してもらうことができます。
しかし、病院で処方されるアイピルは値段がかなり高いですし、事前に処方してもらうといったこともできません。
実際に性行為を行い、避妊に失敗した可能性がある時に初めて処方してもらえるということです。

病院によっては、問診だけではなく内診まで必要なことがありますし、使い方なども教えてもらう必要があります。
また、時間がかかっても処方してもらえるアイピルは1回分のみとなっています。
2回分や3回分をまとめて処方してもらうことはできません。
そのため性行為をした時にアイピルが必要になった場合、間に合わなくなってしまうこともあるかもしれません。

ちなみに、アイピルなどのアフターピルは保険適用外であり、受診する病院によって値段が異なってきます。
薬代だけでなく初診料や診察料などもかかってきますし、1回分の処方だけで1万円程度かかってしまうこともあります。

アイピルを安く購入したいなら個人輸入を利用すると良いでしょう。
個人輸入なら避妊に失敗していなくても事前に準備しておけるというメリットがあります。
事前にアイピルを購入しておけば、避妊に失敗した時にすぐ服用することができますし、安心して生活できるようになります。

海外から個人輸入するのは不安という人も多いでしょう。
しかし、個人輸入代行サイトなら日本の通販サイトと同じような感覚でアイピルを注文することができます。
難しいことなどはありませんし、英語などが分からなくても問題ありません。
注意点としては、海外発送なので到着するまでに10日程度の時間がかかってしまうということです。
避妊に失敗してからでは間に合わないため、事前に用意しておきましょう。

関連記事
高用量ピル、ソフィアCの正しい飲み方 2019年12月26日

そもそも高用量ピルとは、避妊目的のために最初に開発されたもので、含有ホルモン量が多かったことから副作用が出やすく、さらに医師による診察と、服用に伴って現れる体の変化に対する綿密な経過観察が必要なため、避妊目的で飲むにはハードルが高いというのが実情でした。しかしながら、最初はソフィアCを代表とする高用...

低用量ピル、トリキュラーは2種類あります 2020年01月12日

日本国内のクリニックで処方されている低用量ピルとして、「トリキュラー」は人気です。トリキュラーは副作用が起こり難い低用量ピルということから、多くのクリニックで処方されるようになりました。有効成分のエチニルエストラジオールとレボノルゲストレルは、女性ホルモン作用があるホルモン製剤です。エチニルエストラ...

卵胞ホルモン含有量の多い高用量ピルとは 2019年12月10日

卵胞ホルモンはエストロゲンとも呼び女性ホルモンのひとつです。卵胞とあるように主に卵巣から分泌されるもので、思春期から分泌が開始され妊娠適齢期の20代から30代にはもっとも安定して分泌されます。40代以降も閉経まで分泌されるものですが、その働きとしては子宮に作用し子宮内膜を増殖させて厚くすること、思春...

アフターピルとしても処方される中用量ピルの特徴 2019年11月11日

生理不順や避妊のためにピルを服用している人や服用を検討している女性は多いです。ピルには低用量、中用量と高用量の三種類があり、それぞれの特徴が異なっています。中用量ピルは避妊目的と生理痛の緩和のどちらにも用いられている薬です。女性ホルモンであるエストロゲンが約50マイクログラム含まれており、低用量ピル...