公開履歴
カプセルとすり鉢

いろいろな用途で女性の中にはピルを使用している人がいます。
種類がいくつもありますが、どのような分類をされているかを知っていますか。
どれも似たようなものだと思っている人も少なくないはずです。
しかし、名前が違うとガラッと中身が変わり、どのような女性が飲むべきかも変わります。
個人輸入代行サービスを活用するとピルを処方箋がなくても手に入れることができるので、どのような違いがあるのかを確かめた上で服用するようにしてください。
個人輸入代行サービスの中には悪質な業者も存在するので、ピルを安全に購入する方法をしっかりと理解しておきましょう。

高用量ピルと中用量ピル

あまり聞き慣れない人が多いかもしれません。
高用量ピルと中用量ピルがありますが、これらはどちらも避妊のために使われていた薬ではありませんでした。
昔の日本は避妊のために使用することはなく、生理トラブルを解消するために使用されていました。
今では緊急時の避妊薬で活用されるようになりました。

高用量ピルには女性の体内にある黄体ホルモンと卵胞ホルモンが主な成分です。
高用量と書いてあるように卵胞ホルモンの含有量が多く、50μgよりも多いです。
もともとはこれが一般的なピルと呼ばれていました。
ただ、さまざまな副作用が出てしまったために、卵胞ホルモンの量を徐々に少なくするようになりました。

避妊薬として以前は使われていましたが、今では避妊薬としては使われていません。
今では卵胞ホルモンをたっぷり摂取することができるので、生理周期を改善したり、無月経や月経困難症、生理痛を改善する効果が期待できます。
不妊症の治療にも使われることもあります。
問題は卵胞ホルモンがあまりにも多く含まれているので副作用の危険性があり、頭痛や吐き気、むくみや下痢などの症状がでる可能性があります。
高用量ピルは生理を早めたり遅くすることもできるので、旅行などがある時に服用してずらす人もいます。

中用量ピルは高用量ほど卵胞ホルモンが多く入っていませんが、それでも含有量は多いです。
こちらも生理を早めたり遅らせたりする効果があります、月経困難症や月経周期、月経量の改善を目的として使用されることが多いです。
日本では経口避妊薬として中用量ピルを処方することは基本的にありません。
許可されていないためです。
ただし、排卵を抑制することができるために、避妊目的で処方されることがないわけではありません。

緊急時の経口避妊薬でモーニングアフターピルが知られています。
中用量ピルを使って避妊失敗後に服用することがあります。
中用量ピルを服用することで、ホルモン値を一気に上昇させてから下降させるので受精卵の着床を防げるからです。

中用量ピルにも副作用がたくさん考えられます。
吐き気や嘔吐、不正出血など様々です。
種類によっても副作用が変わります。
体への負担が相当大きい薬ですから用法・用量を守らなくてはなりませんが、それでも副作用が出る可能性があります。

低用量ピルと超低用量ピル

低用量ピルは卵胞ホルモンの量がかなり少なくされています
基本的には毎日服用しつづけることで月経困難症などの女性特有の病気を緩和するために使います。
経口避妊薬として利用することもあります。
中用量ピルとは違って徐々に女性ホルモンのバランスを変えていくので毎日の服用が必要です。

卵胞ホルモンの含有量が少ないので、急激にホルモン値が上昇するわけではありません。
だから、体への負担はかなり小さいですが副作用が出ないとは言い切れません。
個人差がありますが、吐き気や不正出血などが起こることはあります。
副作用が出ると服用をやめた方が良いのかと言うとそういうことではありません。
大抵の場合は飲み続けると治るので、しばらく続けましょう。

かなり卵胞ホルモンの含有量が少ない低用量ピルよりももっと少ないのは超低用量ピルです。
低用量ピルで副作用が出た人も超低用量ピルであれば副作用の恐れがかなり小さくなります。
経口避妊薬としても使われていますし、月経困難症の治療にも良いです。
男性ホルモン抑制作用もありますから、にきびや多毛症にも良いでしょう。
海外ではPMSやにきびの治療薬としても認可されています。

低用量ピルと超低用量ピルは基本的に毎日服用しますが、休薬期間が必要です。
低用量ピルは7日間おやすみしますが、超低用量ピルは4日間だけおやすみします。
低用量ピルは休薬期間が少し長いために飲み忘れの恐れも高いでしょう。
超低用量ピルの方が休薬期間が短いので飲み忘れが気になる人に良いかもしれません。

服用方法もよく似ていますし、服用している人はとても多いです。
生理痛などで悩んでいる女性が多いですが、低用量ピルや超低用量ピルで治療することがよくあります。
どちらであっても日本では医師の処方せんが必要です。
副作用が出る可能性がありますし、医師に指導してもらう必要があります。

最近ではこれらがPMSなどの治療に使われることが多くなりました。
それぞれ複数種類がありますので、医師の判断で自分に合っているピルを処方してもらいましょう。
毎日服用するとは言えそれでも飲み忘れることがあるかもしれません。
1日だけならば翌日に2回分飲みます。
2日以上の場合は注意が必要なので医師に確かめた方が良いかもしれません。

用途を確認してピルを購入しよう

卵胞ホルモンの含有量が違うことで体への負担がとても大きく変わります。
経口避妊薬として役立つだけではなく、女性特有の病気に対しても役立つので特に低用量ピルと超低用量ピルを服用する女性は多いです。

ピルがなくなったら購入するために婦人科へ行くとなると面倒に思いませんか。
最初こそ医師に診てもらった方が良いですが、2回目以降の場合は個人輸入代行サイトで購入するのも良いかもしれません。
自分に必要なピルの種類がわかっているからです。

卵胞ホルモンの含有量の違いによって分けられていますが、どのような用途かによっても購入するピルが違います。
緊急時のために服用を考えている場合は前もって購入した方が良いです。
避妊失敗後3日以内に服用することで妊娠の可能性が低くなるからです。

普段から低用量ピルや超低用量ピルを服用して避妊しておくのも良いかもしれません。
これらの方が体への負担も少ないですし、生理に伴う不快な症状もなくなるかもしれません。

どれを服用する場合も必ず用法・用量を守ってください。
これが最も大事です。
毎日服用する低用量ピルと超低用量ピルは飲み忘れの恐れがあるために、プラセボと言う偽薬が入っているピルもあります。
プラセボも含めて毎日服用し続けるので、飲み忘れが心配な人はプラセボ入りを使った方が良いです。

たくさんの種類があり、ジェネリック医薬品もあります。
薬代を少しでも減らしたいと思ったら、個人輸入代行サイトでまとめ買いしたり、ジェネリック医薬品を注文しましょう。
どのピルのジェネリック医薬品かを確かめてから注文してください。
そこまで説明に書いてあることが多いので、説明文をよく読んでから購入しましょう。

緊急時のために使用するのか、月経困難症などを緩和したいのか生理を遅らせるのかいろいろな使い方があります。
経口避妊薬というイメージはまだまだ強いかもしれません。
今ではいろいろな用途があることが徐々に知られるようになったこともあって、多くの女性が服用しています。

副作用の恐れもあるために、特に用途を考えた方が良いです。
中にはピルの服用を避けた方が良い人もいるので、医師の診断がとても重要です。
上手に使用すれば女性にとても役立つ薬ですから、どのような薬かをよく知った上で正しく服用しましょう。